麻酔科医師が転職する前に読むサイト~常勤から非常勤・アルバイトまで~

悩みを抱えて転職を考えている
麻酔科医のあなたに

激務で疲弊した、人間関係がうまくいかない、正当に評価されない...。そんな理由から、転職の道を選ぶ麻酔科医が多いようです。しかし、悩みを抱えたまま転職をすることが、果たして問題の解決につながるのでしょうか?
自分が何をしたいのか、少し立ち止まって考えてみませんか。

安易に転職を決めてしまう前に、
信頼できる第三者に相談を

プロのキャリアエージェントに相談してみるのも有益な方法です。

「自分にあった、もっとよい病院があるのでは...」そんな強い気持ちがあるなら、まずはキャリアエージェントに相談してみるのも有益な方法です。業界の見通しに明るいエージェントなら、いま抱えている悩みを解決し、未来につながるアドバイスを提供してくれるからです。このサイトでは、おすすめエージェントや、その選び方を解説しています。働き方を改めて見つめなおしたい方現在の評価や環境に不満があるという方は、ぜひ参考にしてください。

pick up

麻酔科専門/医療総合型の使い分けが転職成功のカギ

麻酔科医の転職エージェントには、麻酔科医の転職に特化した「麻酔科専門型」と、すべての診療科目に関する転職情報を提供する「医療総合型」の2つがあります。麻酔科医が最適な求人を見つけるには、膨大な求人データベースを誇る「医療総合型」と、麻酔科専門のエージェントをうまく使い分けて利用することが成功のカギといえます。

【おすすめエージェントをチェック】

麻酔科専門型エージェント

医療総合型エージェント

求人の特徴

  • 麻酔科専門型エージェント

    専門科ならではのレアな求人を独占保有
    求人数は総体的に少ないものの、独自のコネクションを使って信頼できる医療機関のみ厳選して紹介しているのが特徴です。表には出てこないレアな求人を独占して保有しており、一般公開せず会員向けに公開しています。
  • 医療総合型エージェント

    メディア力を活かした求人広告数は特筆
    メディアの力と、全国をカバーするネットワークを使った、膨大な求人広告数が最大の特徴。大企業によるサービス提供が多く、信頼性も抜群です。一方で、稼働していない求人が掲載されている場合があるので注意が必要です。

マッチング
の特徴

  • 麻酔科専門型エージェント

    満足度が違う!オーダーメイドマッチング
    給与、勤務地などのデータ条件だけでなく、個々のキャリアビジョンをもとに、オーダーメイドな求人を提案。エージェントの力量が問われるものの、麻酔科医・病院双方のメリットを引き出した完全オリジナルの求人情報は、満足度が違います。
  • 医療総合型エージェント

    ストックされた情報からデータでマッチング
    膨大にストックされた求人情報から、医師の登録データをベースに適応したものを提案。年収・勤務地・シフトなど、希望の条件に近い求人が見つかる確率は高いでしょう。データを調整すれば、幅広い求人紹介を受けることも可能です。

フォロー
の特徴

  • 麻酔科専門型エージェント

    面談から入職後まで続く積極的なフォロー
    求人の提案から実際の面談、条件の交渉、入職後のフォローまでを一貫して行えるのは、強いコネクションがあるからこそ。トラブルサポートはもちろん、入職後の働きやすさを考えて病院側との交渉・提案を積極的に行います
  • 医療総合型エージェント

    担当との密な連携が成功のカギ
    転職の希望条件を提示すれば、ドクターの代わりに専任コンサルタントが膨大な情報を検索して、最も適した求人をピックアップして提案してくれます。その後の条件の交渉や面談の調整、契約書類の作成なども代行してくれます。

麻酔科専門型エージェント

医療総合型エージェント

おすすめ
エージェント

エージェント
の特徴

紹介実績例

  • 麻酔科専門型エージェント

    プラス麻酔
    完全オーダーメイド型で高い満足度を実現

    プラス麻酔

    麻酔科に特化したキャリアアドバイザーが、オーダーメイドによるマッチングを提供。医師のキャリアに精通しているので、的確なアドバイスや提案が可能。転職が医師のためにならないケースは、正直におすすめできないと伝えます。

  • エージェントの特徴

    今も将来も満足できる転職をコーディネート
    1. 麻酔科専門アドバイザーとしてキャリアプランを提案
    2. 国公立大学病院など独自の紹介ルートを多数保有
    3. 医師が入職した後の業務量コントロールもサポート
    4. 個々の要望ごとにオーダーメイドマッチングを実現
    5. 非常勤・スポット含む所属医師の7割がリピート!
  • 紹介実績例

    独占求人をはじめ常勤から非常勤まで幅広く対応
    1. 東京都(常勤):給与/年収1,500万円~応相談+残業手当・夜間オンコール待機料別途支給
    2. 千葉県(非常勤):給与/1回につき120,000円、心臓外科の場合1回につき150,000円、超過勤務手当30分ごとに5,000円
    3. 埼玉県(スポット):給与/1日120,000円(指定日のみ)、超過手当30分ごとに5,000円※手術麻酔管理
  • 総合型エージェント

    m3.com CAREER
    日本最大級の医療情報サイトが運営

    m3.com CAREER

    全国25万人の医師が登録し、会員のみに公開される非公開求人を多数保有している医師向けのエージェントです。データベース化しているため迅速に情報の入手が可能。多彩な条件の求人情報に対応しています。

  • エージェントの特徴

    高い満足度と登録実績が信頼の証
    1. グループネットワークを活かした非公開求人が多数
    2. 医師の登録実績5年連続トップ、顧客満足度96.1%
    3. 転職希望者は無料で転職サポートの利用が可能
    4. 医療経営士資格をもつ専任コンサルタントが交渉担当
  • 紹介実績例

    全国各地に幅広い求人を多数保有
    1. 北海道札幌市(常勤):給与/年収1,500~1,800万円(応相談)、週5日勤務(週4日相談可)、当直週1回程度(なし相談可)
    2. 茨城県猿島郡(非常勤):給与/日給130,000円(毎週水曜)、日勤のみ、交通費別途支給
    3. 千葉県船橋市(スポット):給与/1日120,000円(指定日のみ)、交通費別途支給※経験5年以上、手術麻酔
  1. 人間関係に不満がある

    人間関係に不満がある

    麻酔科の医師は、他科と違って評価されないことも多く孤立することもあるといいます。その現状と、上司や同僚医師、スタッフとのチーム医療を実現するために、何が不足しているかを追求し対策を検討します。

  2. 給料が安い

    給料が安い

    心身が休まるひまもないような激務の割に、給料が安いと感じている麻酔科医師は多いといいます。医師の給料の現状と、その問題はどこにあるのかふまえて、解決するための行動や方法についても言及しています。

  3. 激務で心身が疲れた

    激務で心身が疲れた

    麻酔科医師のハードワークは、心身に過剰な負担を強いています。人手不足や手術の増加、診療範囲の拡大など、麻酔科医が置かれる現状はますます厳しくなり、転職によって自分らしく働く道を探る人が増えています。

  4. 評価されていないと感じる

    評価されていないと感じる

    必要不可欠ながら陰に隠れてしまいがちな麻酔科医の仕事は、周囲から認められていないと感じることも少なくありません。評価の考え方や評価を上げるためにどうすればいいのかなど、転職前に検討すべきことを解説します。

  5. 転職しないほうがいい場合とは

    転職しないほうがいい場合とは

    医局システムの疲弊にともない、近年医師の働き方は変化しています。キャリアエージェントを使った転職も、これまでに比べてメジャーになった一方で、場合によっては「転職しない」という選択をしたほうが良いケースもあります。

麻酔科転職のメリット・デメリット

「知り合いの医師による紹介」「求人サイト経由での応募」など、転職にはさまざまなパターンがあります。「どんな転職方法も同じ」というわけではなく、実はそれぞれにメリット・デメリットがあるのです。動く前にしっかり把握しておいて、あとで後悔することのないようにしてください。

  1. 友人・知人の紹介
  2. 仲介会社の紹介
  3. 直筆応募
  4. 人材紹介ビジネスのカラクリ

麻酔科医師の転職体験談

麻酔科医師の転職体験談実際に転職した麻酔科医師の体験談を、テーマ別に紹介しています。テーマは、「ワークライフバランスをとりたい」「非常勤やスポットを探したい」「スキルアップしたい」など、よくある転職理由でまとめました。あわせて、失敗事例も紹介していますので、自分のケースに当てはめて失敗しないための転職活動をイメージしてみるといいでしょう。

  1. ワークライフバランスをとりたい

    激務に追われてプライベートも休息もない毎日に疲れ切ってしまった麻酔科医師がどのようにして転職を決意し、その結果現在の状況はどう変化したかについての体験談を紹介。転職前のチェックポイントについても解説。

  2. 非常勤の仕事を探したい

    常勤で勤めながら非常勤でも仕事をしたいと考えている麻酔科医の体験談。収入アップやスキルアップ、開業準備などさまざまな理由で非常勤の仕事を探し成功している麻酔科医たちの実情について紹介します。

  3. スキルアップをしたい

    日々の仕事の中でもっと医師としてのスキルを高めたいという高い志をもつ先生方の転職体験談。転科や資格取得、女性医師ならではの悩みなどさまざまなシチュエーションの中でどのような選択をしたのかを紹介します。

  4. 常勤の仕事を探したい

    いろいろな生き方がある中で常勤勤務は安定した収入と保証を得られます。常勤の仕事の中でもさらに希望の条件を満たすことを目的に転職活動を行い、現在精力的に仕事をしている先生方の体験談を紹介します。

  5. 転職に失敗した医師の体験談

    転職活動を楽観視したために失敗したという体験談を紹介。転職先探しで避けたい事例やエージェント選びの失敗、曖昧な条件設定で再び転職を余儀なくされたなど、転職でよく見られる失敗のケースをピックアップ。

麻酔科医師のための
転職エージェントガイド

  1. e-doctor

    引用元:e-doctor公式HP
    (url:https://www.e-doctor.ne.jp/)

    24年の実績と紹介成約数33,000件以上を誇り地域医療などにも力を入れている医師全般を扱うエージェント

  2. 医師転職ドットコム

    引用元:医師転職ドットコム公式HP
    (url:https://www.dr-10.com/)

    医療求人大手のメディウェルが運営する医師専門転職エージェント。全国対応で業界最大級の求人を保有

  3. MRT

    MRT

    引用元:MRT公式HP
    (url:https://medrt.com/)

    これまで99万件の紹介実績をもち独自のシステムとポイント制導入で会員向けにさまざまなサービスを提供。

  4. m3.com CAREER

    引用元:m3.com CAREER公式HP
    (url:https://career.m3.com/)

    医療総合としては日本最大級の情報サイト。会員向けに幅広く多数の非公開求人を保有し優先的に情報提供。

  5. D to Dコンシェルジュ

    引用元:D to Dコンシェルジュ公式HP
    (url:https://www.dtod.ne.jp/)

    全国に28拠点を置き各地で迅速な対応とサポートを提供。7万人の医師が登録し各種セミナーも開催している。

  6. ドクターキャスト

    引用元:ドクターキャスト公式HP
    (url:https://www.doctorcast.jp/)

    常時15,000件超の求人を保有しカスタマイズ対応可能。社会保険労務士が労働問題にも対応する安心のフォロー。

  7. ドクタービジョン

    引用元:ドクタービジョン公式HP
    (url:https://www.doctor-vision.com/)

    日本調剤グループ運営の医師専門エージェント。専任コンサルタントが無料対応しアフターフォローも万全。

  8. プラス麻酔

    引用元:プラス麻酔公式HP
    (url:http://plusmasui.com/)

    麻酔科に特化し独自ネットワークとノウハウでオーダーメイドマッチングを実現した信頼の厚いエージェント。

  9. マイナビドクター

    引用元:マイナビドクター公式HP
    (url:https://doctor.mynavi.jp/)

    求人大手のマイナビグループが運営する医師専門サイト。専任パートナーが完全無料で相談や交渉を代行。

  10. 麻酔科医局

    引用元:麻酔科医局公式HP
    (url:https://www.ikyoku.ne.jp/masuika/)

    創業以来麻酔科に特化して事業展開し、求人紹介をはじめ事業におけるコンサルティングや支援を行っている。

  11. 民間医局

    引用元:民間医局公式HP
    (url:http://www.doctor-agent.com/)

    求人情報のほか、福利厚生サービスや研修なども充実したエージェント。女性医師の支援サービスも展開。

  12. リクルートドクターズキャリア

    引用元:リクルートドクターズキャリア公式HP
    (url:https://www.recruit-dc.co.jp/)

    業界大手リクルートが運営する医師専門エージェント。30年以上の実績と非公開求人多数で登録者も多い老舗。

データで見る麻酔科医師の実情

  1. 転職市場

    転職市場

    麻酔科医師の市場は現在どういう状況なのか、働き方の変化にともなう麻酔科医のニーズは?など麻酔科医に今後求められているスキルなど転職を検討する前に知っておくべき基本情報について詳しく解説しています。

  2. 年収相場

    年収相場

    麻酔科医が現在どれくらいの年収を得ているのか、その相場について大手エージェントの調査に基づいた「大学病院」「民間病院」「フリーランス」の3つの働き方に着目して検証し、その傾向について解説しています。

  3. キャリアパスについて

    キャリアパスについて

    近年手術麻酔だけでなくさまざまな診療にニーズが広がっている麻酔科医のキャリアパスについて解説。麻酔科医の業務の重要性と現状にみられる問題点など、麻酔科医のキャリアに関して多角的に検証しています。

  4. データで見る麻酔科医師の実情

    データで見る麻酔科医師の実情

    長時間労働の常態化や常勤麻酔科医の不足など、麻酔科における厳しい現状を国や学会のアンケートに基づいて検証し考察しています。また今後求められる改善点などにも焦点を当てていますので参考にしてください。

麻酔科医の転職でよくあるQ&A

  1. 小規模の病院は大変ですか?

    大学病院から小規模の民間病院への転職を検討しているものの、業務内容や自身のスキルに不安を感じているケースについて、具体的にどんな違いがあり転職に向けてどんなことに注意すべきかを具体的にアドバイス。

  2. 波風を立てずに医局を辞める方法は?

    転職で最も頭が痛いのが医局との関係。波風を立てず穏便に転職をするにはどうすればいいのか、引き留めに合った場合の対応策とは、など退局についての悩みについて守るべきことや最善の方法をアドバイスしています。

  3. フリーランスが儲かるって本当?

    年収が高く華やかに見えるフリーランスという働き方。しかし、実際にフリーランスになるとそんなに年収が上がるのか、メリットやデメリットを紹介しながらフリーランスで働くことの実情について詳しく説明しています。

  4. 転科という選択肢はありですか?

    本来すべての科目を診療できるはずの医師。でも長年続けてきた診療科を転職をきっかけに急に他科へ変わることにリスクはないのか、もし転科した場合のギャップを具体的に挙げて客観的に検討する方法を紹介します。

トラブル・悩みを抱える麻酔科医師の方へ

トラブル・悩みを抱える麻酔科医師の方へ

麻酔科医においても人間関係は重要。実際、コミュニケーションがうまくいかず、人間関係が悪くなり悩む先生方が多いようです。そんなトラブルを解決するためのアドバイスをお伝えします。

麻酔専門型と医療総合型の違いとは?

PAGE TOP