データで見る麻酔科医師の実情

ここでは、麻酔科医師の求人の現状についてまとめています。麻酔科医として高いモチベーションを維持しながら働くにはどうすればよいのか、また自分の求める働き方を探すにはどのような方法が適しているのか、など参考にしていただければ幸いです。

麻酔科医師の働く現状は、市場としては非常の追い風ではあるものの需要と供給のバランスがとれておらず、厳しい勤務状況の改善が求められています。現在麻酔科医の数は増加傾向にあるものの、常勤麻酔医の不足や厳しい勤務状況によるモチベーション低下などさまざまな要因によって、常に不足した状態におかれています。

増加する手術件数、当直やオンコールの負担など限られた麻酔科医にかかる負担は相当のものであることから、常勤勤務と並んでフリーランスやスポット勤務といった勤務形態を希望する麻酔科医も増えています。このような実情を踏まえ、麻酔科医の転職にかかわるさまざまな状況を検証しました。

転職市場

1日で終わることがほとんどの麻酔科医の特性を生かしたフリーランスやアルバイト、スポット勤務も増加し、同時に麻酔科医として何が求められているかを探ります。

麻酔科医の転職市場のメリットについて詳しく知る>>

年収相場

大学病院、民間病院、フリーランスの3つに焦点を当てて、年収はどれくらい違うのかを調査。年収から見た希望の働き方を見つける目安として参考にしてください。

高額な麻酔科医の年収相場をチェックしに行く>>

キャリアパス

麻酔科医が置かれているキャリアの実情と問題点を整理し、転職するに当たって求められる麻酔科医になるために、何が必要なのかを解説しています。

ニーズが高い麻酔科医のキャリアパスの方法を見る>>

麻酔科医師の求人事情

厚生労働省や日本麻酔科学会が行ったアンケート調査を基に、麻酔科医の現状を考察。その問題点や打開策として進められていることなどを具体的にまとめています。

麻酔科医の実情を数字で詳しくチェックする>>

麻酔科医のアルバイト事情について

麻酔科医のアルバイトはどれくらい稼げるのか?実際にはどんな求人募集があるのか?こうした「リアルな麻酔科医のアルバイト事情」は絶対に知っておきたい情報です。具体的な給料・募集事例などをまとめています。

麻酔科医のアルバイト事情について詳しくチェックする>>

麻酔科医師向け転職エージェントの使い方

PAGE TOP