転職に失敗した医師の体験談

麻酔科の医師が転職をする際に、失敗した体験談を紹介します。ほとんどの失敗では、転職先の選定や交渉を安易に考えていたことに起因しています。そこで、実際の体験談からどこに問題があったのかを学び、今後の参考にするといいでしょう。

麻酔科医の転職体験談【失敗編】

先輩の顔を立てて転職した結果・・・(30代・男性)

職場の待遇や条件に不満があり、先輩に転職の相談をしました。結果、その先輩の紹介である病院に入職することに。正直いって待遇面でちょっと不満な点もありましたが、先輩の顔もあり断るわけにもいかず我慢することにしました。

しかし、勤めているとやはりその部分がずっとひっかかり、段々ストレスに。内心ではもっと条件のいい所に転職したいのですが、辞めますともいえず悶々としています。

エージェントの口車に乗せられて面接に(年齢・性別不明)

大手紹介会社に問い合わせをしたところ、担当者から送られてきた求人情報の中から1件について気軽に見学してくださいとの連絡が。日時指定だったため見学だけならと行ってみるといきなり院長と事務長の面接となって唖然。その後担当者に連絡してみると「ここに決めますか?」と言われ怒り心頭で付き合いを断りました。会社選びは大切だなと実感した次第です。

ブラック病院に転職してしまいました(40代・男性)

これまで経験を積んで、麻酔科の専門医・指導医の資格を持っています。現勤務先の待遇より上の条件の転職先を探していたところオファーが来て、丁寧な対応にも納得して即決しました。しかし実際には、必要のない手術を行うなど、傾いた経営を立て直すための無駄な治療を行っていることが判明。医師のプライドが許さず結局退職しました。

失敗しないために知っておくべきこと

医師の不足が問題となっている中で、特に麻酔科の医師は常に人材を必要とされています。あちこちの求人を見ても、好条件や高待遇のものが見受けられますが、必ずしもそれらが自分の希望に合った求人とは限りません。転職の失敗をした医師の多くは、転職先を決める際に目の前に出された条件だけで安易に決めてしまったことに原因があります。

さらに転職を何度も失敗するうちに取り返しがつかなくなり、医師としての信頼や将来性に響くことにもなりかねません。

転職に失敗しないためには、やはりプロのサポートが必要と考えられます。特に医学部を出て医局制度のレールの上で就職をしてきた医師は、就活などの経験も少なく選別や交渉があまり得意でない人も少なくありません。そこで、世の中の裏事情まで精通しているプロのキャリアエージェントに依頼するのが最も安全なやり方といえるのです。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP