非常勤の仕事を探したい

麻酔科医の医師の中には、非常勤として働くことを望む方もいます。常勤であれば、限られた給料の中で勤め続けることになります。また、より幅広く診療の経験を積むために、あえて非常勤のシフトを入れるケースもあります。

ここでは、こういった様々な理由から非常勤の道を選択した麻酔科医の体験談を紹介します。

麻酔科医の転職体験談【非常勤・アルバイト編】

スキル習得のために大学病院の非常勤をかけもち(男性・30代)

現在週3日で勤めている脳外科の専門病院では、手技がワンパターン化してしまうと考えて、何とかしたいと思いキャリアコンサルタントに相談。そこで「スキルを維持するために、大学病院で非常勤のシフトを入れてはどうですか」と提案を頂きました。あえて大学病院を選んだのは、一般の病院では診断できないような、より幅広い症例を経験できるからです。週2回の勤務ですが、履歴書に勤務先としてかけることもあり、将来のためによい選択ができました。麻酔科医としてもっと経験を積んでいきたいと思っています。

親の介護のためにアルバイトを選択(男性・40代)

東京の大学病院に勤めていましたが、父の介護をすることになり、実家の近くで非常勤として働くことにしました。それから父が亡くなったため、東京に戻ることを決意。結果、元の大学病院に講師として戻れることになったのは、医局との繋がりを残せるよう、家族の事情などをふまえて、非常勤先との交渉や調整をして頂いた転職エージェントのおかげです。今でも非常勤先は、そのエージェントに探してもらっています。

週末だけ地元でスポットのアルバイトを入れています(男性・40代)

実家から離れたところの大学病院に勤務していましたが、両親の介護が必要になり、いろいろ考えた末に、週末だけ実家近くで勤められる、非常勤の求人を探すことにしました。転職エージェントに相談した結果、金曜日は静岡の病院で非常勤として働き、週末は実家で介護をするという選択肢を紹介していただき、うまく調整することができました。

転職を検討する際のポイント

麻酔科医師が非常勤で働きたい場合、希望する条件に見合った勤務先を探すのはそう簡単ではなく、情報も限られてしまいます。また、交渉までも自分で行うとなると、膨大な時間を要することになりロスは否めません。

そこで、信頼できるキャリアエージェントに依頼すると、これらの問題は一気に解決することができます。多くの引き出しを持ち、多数の情報を持つエージェントが最適な勤務先を提案してくれるので、その中から自分の希望とするところを選別していくというのは、とても楽なものです。

実際、細かな交渉事もすべて代行してくれる上に、アフターフォローも行ってくれるのは、大きなメリットといえます。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP