女性医師の麻酔科医への職場復帰支援

女性医師がこれまでと同じような働き方を維持することができずに転職、退職をするケースも少なくありません。麻酔科医は女性の比率が高いと言われており、職場復帰しやすい環境が整いつつあるため人気です。

女性医師が転職、退職を考えるケース

麻酔科医の女性医師が仕事を継続することができないケースというのはプライベートと仕事を両立することができないケースが多いです。保育園に預けるにしてもしばしば手術で長時間勤務になることもある麻酔科医はそれも難しいということもあります。

預けられればまだいいですが、昨今の保育園不足で満足に子供を預けることすらできずに仕事を諦めるというケースもあります。また、復職するにしてもフルタイムで残業までしながら働くというようなことは現実的ではありません。オンコールで突然の呼び出しなども対応することを考えると気軽に現場に復帰するのはハードルが高いのです。

近年では女性医師の復帰、転職支援が増加

そこで、近年では女性の麻酔科医の職場復帰や、より過程と仕事を両立することができる職場への転職支援が増えてきています。育児中でも職場に復帰しやすい環境を作ってあげることで麻酔科医の人手不足を抑えることが目的です。

女性医師麻酔科復帰支援機構

出産や育児で長期間休職しなくてはいけない女性医師はたくさんいます。そのために、職場復帰を支援するためのプログラムとして女性医師麻酔科復帰支援機構があります。これは、女性麻酔科医になりたい、麻酔科へ転職したいという他科の医師を有給専修医として採用するものです。

有給専修医は最長2年間のトレーニングを受けながら収入を得ることができます。これによって育児と仕事を両立させながら次の職場復帰の支援を受けることできるのです。半年から1年ほど危機対応訓練を受け、一定基準をクリアしたのち、希望する地域の関連病院に麻酔科医として派遣されます。

女性医師復帰支援プログラムを採用している病院も

女性医師の復帰支援プログラムを採用している病院もあります。施設内に保育園が設置されており、早朝出勤や残業も可能な長時間保育に対応。曜日限定で当直やオンコールにも対応できる24時間保育を実現しているところもあります。

これによって女性医師は麻酔認定医や専門医を目指しながら職場復帰を促すことができ、認定医・専門医取得をしたらジョブシェアなどを盛り込みながら多様な働き方が可能になります。状況に合わせて週1勤務~週4、5勤務でフレキシブルに働いている女性医師も増えてきています。

女性医師(麻酔科)の転職例

医局派遣先の病院で働いていたのですが、結婚後妊娠、出産しました。育児と仕事を両立させることは最低条件ですから、当直もなし、最大でも週4勤務、時短勤務もできる病院を探していました。

紹介会社に登録したところ、担当のコンサルタントが自宅の最寄駅まで来てくれて近くの喫茶店で話を聞いてくれました。面接に行くと勤務内容や環境もこちらの希望に近い条件を出してくれて無事復帰することができました。

いまでは子供が小学校にあがるまでは時短勤務、当直なし、オンコールなしで働くことができていて助かっています。

麻酔科医師向け転職エージェントの使い方

PAGE TOP