ワークライフバランスをとりたい

総じて人材不足の現状にあることから、激務になりがちな麻酔科医。実際、勤務体制や時間など拘束されるケースが多いことを理由に、転職する先生が増えています。そこで、「もっとプライベートの時間をもちたい」「忙しすぎる勤務体制を見直ししたい」などの希望で転職した医師の体験談を紹介します。

麻酔科医の転職体験談【ワークバランス編】

育児と両立できるシフトに転職できました(女性・40代)

週2回、非常勤で働いていましたが、子供がまだ保育園のため、お迎えをするのに都合がよい距離にあり、お迎えに間に合う時間に病院を出られることを条件に、求人を探していました。転職エージェントに相談した結果、病院に交渉してくださり、希望条件にあった現在の職場に入職することができました。

大手国公立病院に転職できて安心しました(女性・30代)

救急で働く麻酔科医でしたが、子供を欲しいと考えていたものの、妊活できる時間がありませんでした。とにかく大病院の救急は忙しくて性格的に気を抜くこともできない一方で、「子供は今のうちに産んでおかないと」という焦りもありました。ただし、どの病院でもよいというわけではなく、ネームバリューも重視していたため、転職エージェントに相談。最終的に、大手国公立病院の週3勤務として働くことになりました。

疲弊した心身を休めて常勤に戻りました(女性・30代)

とにかく休みが欲しかった、というのが本音です。もともと真面目なタイプで、仕事が来ると断り切れなくてつい受けてしまいます。それが積もり積もって一気に弾けてしまいました。何をするにも後ろ向きになってしまって仕事のモチベーションも上がらない。心身も疲弊してしまい、「もっとよい病院に転職をしたい」とエージェントに相談したところ「まずは少し息抜きをするつもりで、週3~4くらいの勤務にしてみては」と提案をしてもらいました。結局、その提案を受けて、おかげですっかりリフレッシュできて、新たに麻酔科医としての目標も定まり、今は国立医療機関で常勤になってずいぶん経ちます。

転職を検討する際のポイント

麻酔科医の勤務の仕方は、各病院などの施設によって異なります。そこには、在籍する麻酔科医の数や来院する患者数、診療体制などが関係しています。また、経営する病院側の診療に対する考え方によって違いますので、まずはしっかりした情報収集が大切です。

一般的に、募集要項に各条件は記載されているものです。しかし、実際に直接話してみると、もっと現実的にみえてくるものもあります。

  • オンコールはどれくらいあるのか
  • 勤務は週何回か
  • 休日の待機はどれくらい必要か

面談などで直接聞いてみるのもいいですが、聞きづらいこともありすべてを把握するのは難しいと言えます。
そこで、信頼できるキャリアエージェントに入ってもらうことで、勤務に関する条件をしっかり確認しながら進めることができるようです。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP