仲介会社の紹介

仲介会社を通じて、麻酔科に転職する際の注意点やメリット・デメリットについて紹介しています。ページの最後では転職を成功させるポイントについてまとめているので、ぜひチェックしてください。

仲介会社の紹介で転職する際の注意点

仲介会社を介して転職をする場合に、最も大切なことは信頼できるエージェントに依頼することです。

エージェントとは、仲介会社でさまざまな情報を基に、転職先の提案・交渉をしてくれる担当者のことを指しています。エージェントの裁量によって自分の転職が左右されると言っても過言ではありません。

仲介会社は、医師の転職に関する多くの情報を持っており、膨大な情報量の中から自分の希望に最も近い転職先を探し出して提案してくれます。プロの仲介として冷静に判断して最適な提案をしてくれるエージェントならば、信頼できるといえるでしょう。

まれにですが、病院と個人的な繋がりを持っていて誤った情報操作をする人や、感情的に判断する人など信頼を裏切るようなエージェントも存在。会社の利益になるような提案を優先するケースもあるようです。

転職の良しあしを左右するのは、エージェントから提供される情報が基本になります。したがって、担当するエージェントが本当に信頼できるかを見極めることが大切です。

仲介会社転職のメリット・デメリット

では、仲介会社による転職のメリット・デメリットを整理してみましょう。

メリット

  • 条件に合った転職先を見つけてくれる
  • 非公開求人を見ることができる
  • 周囲にバレないように転職活動ができる
  • 条件や待遇について代わりに交渉してくれる
  • 面接などのセッティングをしてくれる
  • 入職後フォローをしてくれるので安心
  • 合わないと感じた時に断りやすい

デメリット

  • エージェントのスキルや裁量に左右される
  • 仲介会社によっては情報が偏っていることがある

転職はエージェントとのコミュニケーションがカギ

仲介会社を通した転職に失敗しないためには、エージェントとのコミュニケーションが非常に重要になります。

医師を求めている病院は、まずエージェントに転職希望者の印象について問うものです。エージェントの印象が転職希望先に直接伝わるわけですから、当然のことながら信頼されるような印象を与えることが大切です。

「メールにはできるだけ早く返信する」「挨拶をしっかりする」「丁寧で誠実な対応を心掛ける」などに気を付けましょう。エージェントは、病院の採用担当や院長、理事長といった役職者とパイプを持っていることも多いので、良い関係を構築しておくことで転職活動が良い方向に進みやすくなりますよ。

麻酔科医師向け転職エージェントの使い方

PAGE TOP