知っておきたい人材紹介ビジネスのカラクリ

ここでは、求人サイトのカラクリについて公開しています。良い求人サイトや人材紹介会社を見定めるポイントもまとめているので、麻酔科として転職を考えている人はぜひチェックして下さい。

医師の求人サイトとはなにか

医師の求人サイトとは、インターネット上で全国の医師の求人情報を掲載しているサイトのことです。麻酔科などの医師が転職を考える際に、最も使われているのが求人サイトだと言われています。

手軽に求人が探せて、さらに求人数も多いのが求人サイトの特徴。確かに多くの情報が掲載されていますが、そこには落とし穴があることを忘れてはいけません。

医師の求人サイトを見てみると、さまざまな求人が掲載されています。その中で時々見られるのが、高待遇当直なし週4日から年収〇千万可などの非常に興味をそそられる条件の提示です。

このような甘い言葉を掲載する背景には、人材ビジネスにありがちな営業の手段が見え隠れしています。本当にこんなたくさんの高待遇の求人があれば、苦労はしないはずですよね。

求人サイトは大きく2種類に分けられる

求人サイトには2つの種類に分けられており、それぞれ異なる求人掲載をしています。

医療機関が直接依頼している求人サイト

病院などの医療機関が直接依頼して掲載しているものです。これは、病院側がサイト運営者に直接掲載料を支払って載せてもらっているもの。本当に病院が医師探しを行っている求人なので、採用条件などは比較的正確なものが多く、実際に交渉しても大きくズレが生じることはほとんどありません。

宣伝用に内容が誇張された求人サイト

そしてもうひとつは、人材紹介会社が条件をやや誇張して掲載している宣伝用の求人サイトです。これは紹介会社が医師の注目を集めるための手段として掲載していて、自社への医師の登録者を増やすことを目的としています。求人サイトの運営者は、掲載している紹介会社から掲載料を支払ってもらいます。ただし、通常より高い料金設定になっているケースが多いため、周りの求人よりも良く見えるよう紹介するのです。

そこで、求人サイトを見る際には、掲載されている情報を隅から隅までよく見ることが重要。宣伝用の求人にアクションしてしまうと、気づかないうちに紹介会社に登録してしまっているということがあります。さらにこのような人材ビジネス会社は、転職者の希望よりも会社の利益を重視した提案が多いそう。希望している条件とは異なるところをごり押しされることもあり得るのです。

ですから、「誇張されたおいしい」情報が掲載されている求人サイトは、リスクが高いこともしっかり認識しておきましょう。

重要なのは信頼できるエージェント探し

もちろん、すべてのキャリアエージェントが怪しいわけではありません。良いエージェントを利用できれば、自分で転職活動するより上手くいく可能性のほうが高いのです。では、転職に失敗しないためにはどんなことに気をつければいいのでしょう。重要なのは「希望条件を重視してくれる」「医師としてのキャリアを考えてくれる」「包括的なメリットを基に提案してくれる」エージェントかどうか。つまり、親身になって転職を希望する医師の希望に沿ったコンサルティングを行ってくれるところを見つけることです。

麻酔科医師向け転職エージェントの使い方

PAGE TOP