麻酔科医師向け専門転職エージェントの徹底比較サイト » 【悩み別】麻酔科医師によくある転職理由

【悩み別】麻酔科医師によくある転職理由

このカテゴリーでは、麻酔科の医師が転職を考えるに至った理由について、実情を踏まえながら解説していきます。

医師といえども、仕事に関する悩みや不満はあるものです。特に、麻酔科の医師は職務の性質上、他の診療科と比べて転職に至るまでのさまざまな悩みを抱えていることが少なくありません。

理由は、仕事の内容に関するものやお金にまつわる問題、人間関係、職場環境などその理由はさまざまです。実際にはちょっとした努力や改善によって解決できたケースがあり、転職を考えるまでもなかったということもあるようです。

もちろん、解決するには自分一人の力ではなかなかうまくいきません。そこにはサポートしてくれる信頼できるエージェントの存在があることを是非お伝えしたいと考えています。

多くの情報とノウハウをもつプロのエージェントに相談して、本当に今転職のタイミングなのかをしっかり見極めることが大切なのです。そこで、次の転職理由について、実際の現場の状況を踏まえながら説明していきます。

激務で心身が疲れた

麻酔科医師の仕事は激務といわれます。人材不足によりオンオフ関係ない呼び出しのストレスや解放される暇もないほど続く手術など過大な業務と向き合っています。転職でこの現状は打破できるのかについても言及しています。

医師が疲れる理由を詳しく見る>>

人間関係に不満がある

医師は孤独な職業といわれ、先輩後輩、上司とのコミュニケーション不足に陥りがちです。患者に対する責任や治療方針の相談などができないと悩む医師たちの本音にアプローチ。問題の本質を見つけて解決するための方法を模索します。

医師が人間関係で不満が出る理由を詳しく見る>>

評価されていないと感じる

医師の評価とは何か。自分が求めている評価とは、相手の反応なのか、給与なのか、そして勤務先が求める医師像とのギャップとは。双方の異なる基準がもたらす評価の違いの溝を埋めるためにできることについて解説しています。

医師が評価されていないと感じる理由を詳しく見る>>

給料が安い

医師の給料は一般の会社員と比較するとかなりの高額ですが、その業務量からみると少ないと感じる人もいます。医師不足を補うために高額の給与を提示する病院もある中で、自分が納得できる給与になるためにどうすればいいのかを提案します。

医師が給料が安いと感じる理由を詳しく見る>>

転職しないほうがいい場合とは

さまざまな転職の理由があげられる中で、意外に容易に解決できる問題であったり、あるいは転職しないことで後に大きなメリットが生まれることもあります。転職しないで現職のままでいた方がいいケースについて具体的に説明します。

転職しない方が良い理由を詳しく見る>>

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP