激務で心身が疲れた

需要の高い麻酔科医ですが、「激務に追われて疲れた」という理由で転職を経験する医師は後を絶ちません。

麻酔科医を襲う底なしの激務

求められることが多い麻酔科医の存在

激務_画像

麻酔科の医師の仕事は、術中はもちろん、術前・術後にわたる、麻酔に関係するあらゆる業務を行なうことです。

麻酔をすることだけでなく、それに付随した全般的な患者の管理を求められるので、それ故に過剰な仕事量と、解放されることのない日常生活へのストレスが発生しやすいのです。

また、麻酔科医に求められる業務は診療科が限定されていないため、幅広い分野に対する知識が必要になります。手術麻酔以外にも、集中治療や緩和ケア、痛み緩和専門のペインクリニックなど、範囲はさらに広がっています。

麻酔技術はどんどん進歩しており、確実性を持って業務に取り組むためには、当然のことながら学会やセミナーなどで常に技術や知識を刷新しておかなければなりません。

一方、「麻酔」は体に大きな負担をかける行為であり、時には命にかかわることもあるため、麻酔科医師の責任はとても重大です。ナーバスな業務であることから、精神的にも大きな負担や重圧がかかっていることは容易に推測できます。

人材不足による影響

医療機関の現状を調べてみると、総合病院だろうと個人経営の病院だろうと在籍する麻酔科医の絶対数が少ないことがわかります。急患や緊急オペなどが入ると、せっかくの非番も呼び出されることがしばしば。

つまり、非番であっても勤務時間外であっても、いつ何時呼び出しがあるかわからないため、気の休まることがないのが麻酔科医なのです。

したがって、どんなに疲れていても体調が悪くても、自身の都合には関係なく途切れることなく求められる仕事に、麻酔科医は心身共に疲れ切ってしまうのです。

麻酔科の医師も一人の人間です。自分の時間もままならない、家族との時間さえゆっくりとることができない状況を一生涯続けていくことは難しいと考えるのも無理はないでしょう。

転職をする前に

このように激務から解放されたいと考えて転職をする前に、少し立ち止まって振り返ってみましょう。例えば、勤務先と他の麻酔科医との連携や時間の調整などができないかを交渉してみるのもひとつの方法です。

それでもうまくいかないと感じたら、転職のプロであるキャリアエージェンシーなどに相談してみることをおすすめします。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP