人間関係に不満がある

麻酔科の医師の転職したい理由のひとつとして、職場の人間関係がうまくいっていないということがあげられます。これは、医師という職種、そして医療機関という職場環境に起因する問題といえます。

医療機関という特殊な職場の人間関係

うまくコミュニケーションを取る必要がある

不満_画像

医療機関には、医師や看護師をはじめとしたさまざまな職種の人たちが集まっています。そして、ひとりの患者を診るに当たって何人ものスタッフと連携して治療に当たるのです。

しかし、このようなチームプレイには当然のことながらコミュニケーションが必要とされます。情報の共有は円滑な診療の基本であり、トラブルを回避し万全の体制で治療に当たるための大前提といえるでしょう。

さらに、医師であるという立場上、自分の不安や迷いを相談できないというプライドのある人や同僚の医師やスタッフに対して自分の考えや治療方針は受け入れられていないのではと疑心暗鬼になっているケースもあるといいます。

プライドや肩書が邪魔をして院内のコミュニケーション不足が生まれ、人間関係がギクシャクしていることにストレスを感じる麻酔科の医師も少なくありません。

コミュニケーション不足の実例

新人医師が経験した実際のコミュニケーション不足の例として、毎日同じ部屋にデスクを並べて同じ時間を過ごしているのにシーンとした中で一度も話をしたことがないというケースがあります。

後から入った医師はまだ新人にもかかわらず患者を任され、「これでいいのだろうか」「他によい方法があるのではないか」といった悩みをいつも抱えていたそうです。先輩に聞きたくてもなかなか相談できずひとりで問題を抱え、ついには転職を考えるまでになりました。そこで相談を受けたエージェントが実際に先輩医師に話を聞いてみると、「大丈夫かなぁ。」と思っていたといいます。

このように、人間関係というのは意外に根も葉もない思い込みであることも少なくないのです。そのことを双方に伝え、まずは挨拶をするようになってから会話が生まれ、転職に至らずに解決しました。

転職をする前に

このような人間関係のトラブルは、意外にもコミュニケーション不足に起因しており、意外にすんなりと解決できるケースもあるのです。エージェントなどの第三者が入りそれぞれの意見を聞いたところ、相手が何を考えているのかわからないから触れないでおこうと考えていることも少なくありません。

そこで思い切って自分から挨拶をしてみると良い方向に向かうことがあるようです。そこからコミュニケーションが始まるとすれば、なんと簡単なことでしょう。もちろん、そうではないケースもありますが、職場に馴染めない、あるいは自分が浮いていると感じたら、転職を考える前に自分ができる挨拶から始めてみてください。

また相手の目を見て話す、上司に自分の考えを伝える、といったことを実践してみて、それでもやはり合わないと感じたら再びエージェントに相談してみることをおすすめします。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP