給料が安い

麻酔科の医師が勤務していく中で、給料が安いと感じて転職を考えるケースがあります。給料は何を目安にして高いか安いかを図るのかが、医師によって違うことも一つの理由といえます。

給料の目安とは何か

働きに見合った給料を得ているか

お金_画像

医師の給料は、一般的に高いというイメージがあるはずです。確かに医師の求人情報を見ると、年収数千万というものも時折見かけます。しかし、一般的な勤務医の給与を見ると800~1,600万円がほとんど。

30代で既に1,000万円を超えるそうですが、30代以降が伸び悩むとも言われています。ただ、給料の金額だけを見ると一般社会人と比較して、かなりの高給取りと感じるはずです。

しかし、麻酔科医の仕事はかなりの激務で「これだけ働いているのに給料が見合わない」と感じる人も少なくありません。ここには医療業界のさまざまなバランスが関係しています。

現実の問題が見えているか

現在多くの病院で、医師不足と言われています。しかし、社会の一般的なルールからすると、医師やスタッフの給与は病院自体の収入によって決められるのが妥当です。患者数が少ないと入ってくる診療報酬も少なくなります。そのため、医師に多額の給料を支払うことはできません。

つまり、需要と供給のバランスに合った給料が支払われるのが本来の姿と言えます。特に、人口の少ない地方の病院はその典型です。現実問題として医師不足が深刻であり好条件を打ち出して医師を呼ぼうというところもあります。ただし、それでも医師が来ないというところもあるようです。

もちろん医師の立場でも、たくさん給料をもらえる職場が理想という人は多いでしょう。医師も一人の人間ですので家族を養っていく必要があります。あるいは将来の開業資金のための貯蓄をしている人もいるかもしれません。

しかし、恐ろしく忙しい、あるいは便利な街中から離れた辺境の病院であっても給料が良ければ満足か、と言えばそうではないはずです。実際、「ではいくら欲しいのですか?」と問うと明確に答えられない医師がほとんどでしょう。そこで、給料の陰に隠された本当の希望は何かを明確にすることが必要になります。

転職をする前に

医師という立場は、とても難しい面も存在します。人の命を救うことを大前提とした志の大きな仕事として社会から見られているという自負があります。しかし、医師も人間です。

当然ながらお金について考えるところもあるでしょう。ただ、聖職ともいわれる立場上「金で動いた」と思われたくないという心理が働き、給料についても不満は不文律とされてきました。

さらに、こういった不満や疑問について上司や院長に直接問う勇気は持てないのが本音でしょう。表立って話ができないと考えるならば、キャリアエージェントを活用するのが得策です。

医師の給与関係をはじめとした就業環境や条件についての幅広い知識や情報を基に、最適なアドバイスや提案をしてくれます。場合によっては、今自分には何が問題なのかを改めて見直すきっかけを与えてくれるかもしれません。

麻酔科医師向け転職エージェントの使い方

PAGE TOP