転職しないほうがいい場合とは

現在転職を考えている麻酔科医でも、思いとどまって転職しないほうが良いケースがあります。

崩壊した医師の永久保証

医師の働き方は変化しつつある

転職_画像

昔は、医者になれば一生が安泰と言われていました。しかし、今は医者であってもアルバイトをしたり、掛け持ちで働いたりする人も少なくない世の中です。世間からは神様のように思われ高額な収入を得られた時代は終わったと言って良いでしょう。

以前は医局制度というものがあり、大学時代に既に就職のレールが敷かれそれに乗っていけば安泰でした。現在は医局制度が崩れつつあり、職業医師として自分の職場を選択する時代になったのです。

医師の働き方は変化しつつあり、さらには同じ医師であってもそのキャリアやスキルには大きな差が生まれています。そのため、転職には向かない人たちも当然ながら出てくるのが現状です。

例えば、常に補助的な業務ばかりしてきた人や臨床にあまり携わることなく経験を積んでこなかった人には、転職をおすすめできません。十分なスキルがないにもかかわらず麻酔科医という肩書で転職しても、学べる環境にある転職先は少ないため将来の展望はほぼ見えなくなりますし、仕事のできない厄介者扱いをされる可能性も否定できません。

ブランクのある人も同様で、いざ転職や復職をしても場所によっては新しいテクニックについていけずに置き去りになっていくパターンもあるのです。

転職しないメリット

さまざまな理由があって転職を考えている人たちの中には、転職を考える前に対策を講じた人はそれほど多くないかもしれません。人間関係に悩む人が解決したいとアプローチしてみたり、給与が安いと感じている人は自分の給与についてきちんと調べたりしたことがあるでしょうか。

「忙しすぎる」「人間関係がうまくいかない」「自分の評価が気になる」という人は、まず上司や同僚に相談することが大切です。もちろん人員不足など、どうにもならないこともあるでしょう。しかし、多くの場合勤務体制の見直しや話し合いによる解決など、コミュニケーションによって解決できることも少なくありません。

職場としても、貴重な人材を離したくないという実情もありますので、相談してみたら意外にきちんと話を聞いてくれた、というケースも。円滑なコミュニケーションが取れるようになれば、これまで慣れ知った仕事をより快適に続けられるという大きなメリットが生まれます。新しい職場で再びゼロからスタートするよりも得るものは大きいでしょう。

また、転職しないことによる最大のメリットは、退職金の存在です。一般の会社と同様に、病院にも退職金制度や社会保険などの福利厚生が整っています。

そのため、10年くらい勤めれば数百万円の退職金がもらえることも。通常、会社員であれば退職金をもらうために定年まで勤めあげる人がほとんど。退職金の存在を忘れている医師も多く、転職によってリセットされる勤務先の病院でのキャリアは非常に惜しいと言えるでしょう。

転職を決める前に

転職したいと考えたくなる理由は、日々生まれてきます。しかし、どんな仕事でもすべてにおいて満足できるものはありません。安易に転職を決める前に、転職によるメリットやデメリットをもう一度再考してみることが大切です。

そのためには、第三者の冷静な意見も必要でしょう。キャリアエージェントのような業界の動きや現状に精通しているプロに相談してみると、これまで見えていなかった問題点が明らかになるかもしれません。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP