麻酔科医の適正とその労働環境

このページでは、麻酔科医の適正や労働環境を説明していきます。

麻酔科医に向いている人

麻酔科医の適正といってもいろいろとありますが主にこのような要素が重要とされています。

  • 高いコミュニケーション能力がある
  • どんなときも冷静に全体を把握できる(テンパらない)
  • 向上心が高く、勉強熱心である
  • 縁の下の力持ちになれる
  • 忍耐力がある(文句を言われても耐えられる)
  • 人命の重さを理解している
  • 人を助けたい、役に立ちたいという崇高な意思がある
  • 軸がしっかりしていて他人の意見に左右されない
  • ストレスコントロールが上手い

とくに、忍耐力やストレスコントロールの上手さは麻酔科医には重要とされています。麻酔科医は身内(医療従事者)から文句を言われることが多い仕事です。患者は寝ているので文句を言うことはないので、その分は楽な部分もあります。

しかし、患者からの文句は医師の説明でどうにかできてしまうことがありますが、すべてお見通しの医療従事者からの文句はごまかすことができません。こうしたストレスからしっかり身を守ることができる、忍耐強い人が麻酔科医には向いていると言えます。

また、麻酔科医は黒子に徹する仕事です。外科医のように主役になれるわけではない、それでも周囲の人間をサポートしながら責任感を持って取り組める真面目さは大切な要素。縁の下の力持ちになりながら現場を支えられる人間性も必要です。

麻酔科医に求められるスキル

麻酔科医は知識とスキルを高いレベルで求められる仕事です。常に変化する患者の容態を見極める集中力や容態を管理する技術などが必要となります。手術が連続で入った場合などは体力的にも耐えられる肉体も重要になってきます。

麻酔科医の労働環境

麻酔科医の仕事は激務と言われることが多いです。通常勤務のほかにも当直、緊急オペでオンコール対応など、常に仕事と向き合うことが求められます。さらに、麻酔科医は人材が不足しており、どこの病院でも麻酔科医の負担は大きなものになる傾向があります。

近年では女性医師が妊娠・出産したあと、復帰するために麻酔科医へ復職支援プログラムや他科からの転科支援などが推進されており、少しずつ改善されてきています。仕事に忙殺されて自己管理がおろそかになると、オペの最中にミスをするリスクが高まってしまいます。

休みの中で日頃のストレスを解消しながらしっかり体を休める、QOL(生活の質)を向上させることも麻酔科医の大切な仕事といえるでしょう。

フリーランスになる麻酔科医も多い

あまりに激務が続くと労働環境を変えたいと考えることもあるでしょう。その場合は現状よりも労働条件の良い職場に転職、フリーランスとして働くといった選択肢が出てきます。フリーランスになんて簡単になれないのではないかと思うかもしれませんが、そうでもありません。

多少改善されつつあるといっても、麻酔科医はどこの医療機関でも不足しているのが現状です。医療機関だけでなくホスピスなどの緩和ケア、在宅医療などでは麻酔科医は常に必要とされているのです。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP