転科という選択肢はありですか?

今まで勤めていた麻酔科からの転科を考えている医師、必見!こちらでは、転科に関する悩みにお答えします。

Q.やりがいはあるが今後のために転科は可能でしょうか?

今の仕事は非常にやりがいがあり、毎日充実していると自負しています。しかし、40代半ばという年齢になって自分の将来を考えるようになりました。このまま続けていく自信がありません…。

そこで、麻酔科から転科・転職することも検討しています。ただこれまでやったことのない診療科で、果たしてやっていけるのでしょうか?一度、専門家の意見を聞いてみたいと思っています。(40代/男性)

A.現実とのギャップを覚悟しておきましょう

長年キャリアを積んできた医師にとって、転科はプラスにもマイナスにもなりえる微妙なラインです。関連する分野内での転科であれば、これまでのキャリアによるスキルや知識を生かして働くことができます。逆に、まったく関連のない診療科への転科となると、キャリアは無に等しく、1からのスタートです。

つまり、研修医と同等か、それより少し上あたりのランクの医師になるということを意味します。時には、自分より若手の医師から先輩として指導を受ける立場にもなることもあるでしょう。このような実情を受け入れられるかどうかといったことも、課題の1つとして見えてきます。

もちろん、転科は不可能ではありません。ただ、なぜ転科したいのかをしっかり見極めることが重要です。単に現状を変えたいというネガティブな理由であれば、厳しい現実が待っていることを覚悟しておくべきでしょう。

これまでのキャリアの中で転科に対する何らかの思いが生まれ、「キャリアの幅を広げたい」「より貢献したい」といったポジティブな気持ちからの転科であれば、そのモチベーションを維持できるような良い求人探しをすることをおすすめします

もし、転科の理由に「忙しいから」といったことがあれば、転科ではなく仕事の量を減らしたいという条件を設定して、転職の際に交渉する方法もありです。つまり、転科や転職をしたいならば、本当に転科が必要なのかをもう一度見直してみる機会が必要ということ。

1人で悩むよりは、客観的な意見を出してくれるプロのキャリアアドバイザーに相談するのも良いかもしれません。これまで多くの医師の転職に立ち会ってきたキャリアアドバイザーなら、問題の本質を見極め、最適なアドバイスと提案をしてくれることでしょう。

ニーズ別で選ぶ麻酔科医エージェント

  1. プラス麻酔

    引用元:プラス麻酔公式HP
    (url:http://plusmasui.com/)

    麻酔科特化型。他社にない国公立大学病院等の独自ルートを保持している為、キャリアパスも見据えた提案が可能。その満足度から生まれるリピート率が高いのも強み。

  2. m3.com CAREER

    引用元:m3.com CAREER公式HP
    (url:https://career.m3.com/)

    日本最大級の医療求人情報サイト。会員向けに麻酔科医だけでない様々な科目の非公開求人を保有、データベース化している為情報収集がしやすいのが特徴。

麻酔科医師向け転職エージェントの使い方

PAGE TOP