麻酔科医師向け専門転職エージェントの徹底比較サイト » 転職でよくあるQ&A » 麻酔科医が転職前にチェックしたい求人票のポイントを解説

麻酔科医が転職前にチェックしたい求人票のポイントを解説

転職先を選ぶときに活用したい求人票。具体的に、どのような点を確認すればよいのでしょうか。お悩みの方に向けて、転職の目的別に麻酔科医がチェックしたい求人票のポイントを解説します。

Q.転職で給与アップを実現したいと考えています。

勤務医として働いていますが、友人などに比べると年収は少ないようです。上司に相談したところ、昇給の見込みも薄いとのこと。将来に不安を感じるので、転職で給与アップをはかりたいと考えています。求人票のどのような点をチェックすればよいですか。(30代/男性)

A.提示年収と職務内容を確認しましょう。

転職で給与アップを目指したい方は、最初に求人票の提示年収をチェックしましょう。麻酔科医の求人の相場は1,000万円程度といわれています。提示年収に満足できる場合は、職務内容をチェックします。あまりにハード過ぎて、提示年収では割に合わないと感じることがあるからです。オンコールの頻度、救急当直の有無などをチェックすれば報酬が妥当なモノかわかるはずです。

提示年収に満足できない方は、交渉の余地がないか相談することもできます。医療機関の中には、経験や意欲などを年収に反映してくれるところがあります。自分で交渉をすることは難しいと感じる方は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。本人に代わって年収の交渉、条件面の交渉などを行ってくれます。給与アップを実現する求人の紹介も行ってくれるので、単純に給与アップを目指している方にもオススメです。

Q.子育てと両立したいので当直なしの求人を探しています。

現在の職場はハードなので、子育てと両立することが難しくなってきました。当直なしの求人を探していますが、求人票のどのようなポイントをチェックすればよいのでしょうか。(40代/女性)

A.当直がない理由や常勤医の体制を確認しましょう。

当直なしの求人を見つけた方は、当直やオンコールがない理由、常勤医の体制などをチェックしましょう。ペイン外来を担当する、常勤医が多いなど納得できる理由が見つかれば、安心して働くことが出来ます。そうでない場合は、なぜ当直がないか、将来的に当直を求められる可能性はないかなどを問い合わせます。

当直なしの求人、当直が少ない求人は、人気が高いうえ数が少ないとされています。希望しても見つからないことは少なくありません。これらの求人をお探しの方にオススメなのが転職エージェントです。当直なしの求人を本人に代わり探してくれるとともに市場に出たときに優先的に紹介してくれます。求人が出る頻度は高くないので、転職を検討している方は早めに相談しておきましょう。

Q.転職で資格取得を目指しています。どのような点をチェックすればよいですか。

専門性を高めるため資格取得を目指しています。今の勤務先は体制が整っていないので転職を検討しています。転職先にはどのような点を求めればよいですか。(30代・男性)

A.資格を取得できる体制が整っていることを確認します。

求人票のチェックポイントは目指すキャリアアップの方向性で異なります。資格の取得を目指す方は、必要な症例件数があること、教育・指導体制が整っていること、病院のサポート体制が整っていることなど、資格を取得するために必要な条件が整っていることを確認します。あわせてチェックしておきたいポイントが、指導医の人柄や実績です。

目指すキャリアアップの方向性や資格によってはかなり細かな点までチェックしなければなりません。さらなる情報収集が必要になることもあります。様々なキャリアアップをサポートしてきた転職エージェントであれば、どのような点をチェックしなければならないか、どのような情報が必要か、などを理解しています。転職でキャリアアップを実現したい方も、転職エージェントに相談すると良いでしょう。本人に代わって必要な情報収集なども行ってくれます。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP