プラス麻酔 エムスリーキャリア
麻酔科専門エージェント

HPで求人をみる▼

医療総合型エージェント

HPで求人をみる▼

麻酔科医師向け専門転職エージェントの徹底比較サイト » 転職でよくあるQ&A » 麻酔科医のフリーランスが儲かるって本当?

麻酔科医のフリーランスが儲かるって本当?

今まで勤めていた病院を退職して、フリーランスとして試してみたい麻酔科医、必見!こちらでは、フリーランスとして独立する時の年収に関する悩みにお答えします。

Q.フリーランスは勤務医より年収が高いのでしょうか?

勤務医をしていますが、以前同僚だった医師と話す機会がありました。彼は現在医局を辞めてフリーランスの医師として仕事をしているそうで、聞くところにより年収は私よりかなり高い様子です。フリーランスの医師になると、そんなに年収が上がるものなのでしょうか?(30代/男性)

A.年収が増えるのは本当ですが、デメリットもあるので注意が必要です

勤務医の年収1,500万円程度が相場とされている中で、フリーランスの報酬は個人差があるものの1日最低でも5~10万円程度といわれています。そうすると、単純に年間2,000万円くらいの年収を得ることになり、圧倒的にフリーランスのほうが高額な収入を得られるのです。

中でも、手術の後方支援にあたる麻酔科医は、他の医師と比べてフリーになりやすいと言います。

しかし、フリーランスになることはメリットだけではありません

「高額な年収を得られる」「自由な時間の選択ができる」といった点を理想的に感じる方も少なくないでしょう。そのため、フリーランスとして働きたいという相談も後を絶ちません。ただ、必ずしもメリットばかりではないことを忘れないでいてほしいのです。フリーランスの医師になると、いくつかのデメリットがあります。

有給制度がない

医師も1人の人間なので、体調が悪い日や大切な用事が入ることがあります。勤務医であれば有給休暇として収入に関係なく休むことができますが、フリーランスの場合休む=収入が減るという構図が生まれます。また、休んでしまうことで契約している病院側の信用を失うのは避けられません。

首切り対象の先鋒になる

もし、自己都合で休んだり、常勤の医師が決まったりした場合、真っ先に首切りに合う可能性が高いのはフリーランスです。クビになってしまうと、求職活動をして働くまでの間は収入が減り、生活に直結した影響が出てきます。常に仕事がなくなる不安を抱えて働くことになるわけです。

高収入=時間がかなり削られる

フリーランスというと、好きな時間に仕事をすればいいという印象を持たれがちですが、働かなければ収入はありません。したがって、高額な年収を得るためには、それだけ時間を使って仕事をすることが必要です。

将来の貯蓄や万一のための保険などに備えて収入を得ようとすると、それだけ多くの患者を診ることになります。退職金や福利厚生などもないため、自分で用意しなければなりません。身分が保証されている常勤の勤務医と比較してみると、それほど大きな違いはないとも言えます。

スキルアップが難しくなる

フリーランスになると周囲からの情報提供が少なくなってしまいます。また、収入のためにはたくさんの仕事量をこなさなければならないため、スキルアップのチャンスは激減。

常に自分でアンテナを張り巡らせ、学会に参加するといった方策を用意しておくことが必要です。

一般的に、病院は常勤の医師がいない場合にやむを得ずフリーランスに依頼するものです。したがって、常勤医が確保できれば、フリーランスは不要。さらに、病院側が求めるスキルが伴っていなければ声がかからなくなる可能性も出てきます。

フリーランスで働くことを考えた時、一度はフリーランス経験者やキャリアアドバイザーに相談してみることがおすすめです。もしかすると、フリーランスで働くよりも転職のほうが、自分の希望どおりの働き方ができるかもしれません。

麻酔科医の年収相場をチェック>>

麻酔科医が転職を成功させるために必要なことをチェック>>

フリーランスの麻酔科医が求められる背景

「常勤医師よりもフリーランス医師のほうが稼げる」という噂を耳にすることがあります。このサイトを訪問している方は医師や医師の卵と思われるので、この噂がかならずしも正解ではないことは、すでにご存じかも知れません。

正確に言えば「フリーランスのほうが稼げる診療科がある」ということです。その診療科の代表例が麻酔科医であり、また、帝王切開のできる産婦人科医です。

なぜこれら2つの診療科は、フリーランスで稼げる可能性があるのでしょう?その理由は、専門性の高さにあります。麻酔技術も帝王切開技術も、医師免許を持っているからと言って簡単にできるものではありません。高い専門性が求められる診療科だからこそ、その医師に能力さえあれば、フリーであろうが非常勤であろうが病院からのニーズがあるということです。特に麻酔科医の仕事は、言わば主治医の後方支援業務。語弊を恐れずに極論すれば、現場や患者のことを詳しく知らなくてもできるのが麻酔科医の仕事です。だからこそ、能力のあるフリーランス麻酔科医は、多くの病院から引く手あまたなのです。

また、昔とは異なり、薄給と激務で知られる医局に、最近の若手医師は長くは残りたがりません。教授に滅私奉公してくれる若手医師が少なくなり単純に医師が不足しているという病院側の背景も、フリーランス医師が活躍できる場を増やしている一因でしょう。

フリーランス麻酔科医として大きく成功した事例もあるが

大学病院の勤務医からフリーランスに転身し、大きく成功した麻酔科医がいます。『フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方』(光文社)の著書で知られる麻酔科医、筒井冨美氏です。

筒井氏は、平成の始めにある地方の国立大学医学部を卒業。母校の附属病院に研修医として就職しました。

大学病院での初任給は14万円。1日16時間×1年350日を働いても、月給は10万円台でした。生活に困窮し、大学卒業後の6ヶ月目からは外部の医療機関で当直のアルバイトをしていたほど、とのことです。

のち、麻酔科専門医、博士号、米国留学、大学講師と順調にスキルアップを重ねていった筒井氏でしたが、「終わりのないブラック労働」や「口だけ達者で働かない管理職」などに幻滅し、2007年、大学病院に退職願を提出。以後、フリーランス麻酔科医として独立し、現在は年収3000万円の収入を実現するにいたりました。

筒井氏ほどの成功例は、さすがに多く見られるものではありません。ただし、能力さえあればフリーランス麻酔科医でも大きな成功を収められる、という見本を見せた事例でもあります。

しかしながら、今後は筒井氏のような華やかな成功を収められるチャンスは、小さくなるかも知れません。以下に説明する、日本麻酔科学会の方針変更がその理由です。

麻酔科は週3日以上の同一病院勤務が義務付けられることに

2019年度から新しい条件が追加される

日本麻酔科学会により、麻酔科専門医の認定条件が更新されました。2019年度以降、麻酔科専門医になるには、1つの医療機関に週3日以上勤務し、麻酔科関連の業務に従事していることが条件となります。これまで麻酔科医は手術の現場に立ち合い、手術が完了すれば退勤できる、という日雇い医師としての働き方が成立していました。しかし、今回の条件追加により、日にちを指定して働くスタイルが成立しにくくなります。

週3日以上勤務の条件が追加された経緯

日本麻酔科学会が週3日以上の勤務条件を追加した経緯については、2つの狙いがあります。1つ目は、医療従事者同士のチームワーク力の向上です。2つ目は、後進医師の育成強化となっています。

従来認められていた週3日の勤務では、麻酔科医がどれほどの技術を持っているのかが把握しづらく、医療チーム間のコミュニケーション不足が生じてしまう点が大きな課題となっていました。また、患者の具合や病気の進度を麻酔科医が即座に判断できないことや、患者の状態が悪化した際に対応できる麻酔科医がいない、といった状況も懸念点でした。

さらに、麻酔科専門医は高度な医療を提供することに加え、後進医師に対して充実した指導をする役割もあります。
チーム間の連携、医療サービスの充実、医療の将来を担う医師の教育を徹底。こうした観点から、麻酔科医は現場にいる時間を長くするべきという結論に至ったのです。

麻酔科は常勤医師の需要が高まりつつある

近年の医療界では、常勤麻酔科医の採用に注力する動きがみられます。特に救急外来においては、迅速かつ正確な治療を行なうため、スタッフ同士のチームワークが重要です。たとえ腕のいい医師でも、限られた日数の勤務では患者さんの詳しい状態や現場の状況をきちんと把握できず、治療が難しくなるでしょう。さらに、フリーランスの場合、病院側の都合で契約を切られてしまうケースが少なくありません。人員削減が必要になった際、どの病院でも常勤医師を優先するのが普通です。
こうしたリスクと隣り合わせのフリーランスは、安定を求める方にとって不向きでしょう。

今後は常勤の麻酔科専門医が主流に

日本麻酔科学会は、新項目の条件を満たしていない医師に考慮し、2021年までの移行措置を設けています。つまり、麻酔科専門医を名乗るには、2021年までに同じ病院で週3日以上勤務することが必要となっているのです。麻酔科専門医として認められなければ、転職以前に医療現場で働けるかどうかも怪しくなります。医師生命を守り、安定した収入を得るためには、常勤の求人を探すのが賢明です。

ニーズ別で選ぶ麻酔科医エージェント

フリーランスの麻酔科転職を検討されている人は、麻酔科専門型・医療総合型の転職サービスにそれぞれ登録しておくのがよいでしょう。専門型では独自ルートからの独占求人を、総合型では豊富なデータベースから大量の求人を探すことが可能です。

求人に関するメールが届くのを面倒に感じる人もいるかもしれませんが、転職はタイミングが重要。自分の理想の求人をキャッチしておくためには、早めに登録しておき新着求人をチェックしておくのがベターです。

  1. プラス麻酔

    引用元:プラス麻酔公式HP
    (url:http://plusmasui.com/)

    麻酔科特化型。他社にない独自ルートで、常勤・非常勤問わず豊富な求人を紹介可能。週3日勤務に切り替えたい・フリーランスで活躍し続けたいといった悩みの相談にも対応可能で、リピート率も高いのが特徴。

  2. m3.com CAREER

    引用元:m3.com CAREER公式HP
    (url:https://career.m3.com/)

    日本最大級の医療求人情報サイト。会員向けに麻酔科医だけでない様々な科目の非公開求人を保有、データベース化している為情報収集がしやすく、自ら求める条件で求人を探すことができるメリットあり。

麻酔科医師向け転職エージェントの使い方

PAGE TOP