小規模の病院は大変ですか?

今まで勤めていた病院からの転職を考えた時、新しい勤務先のことが気になりますよね。こちらでは、大学病院から中小規模の一般病院への転職に対する悩みにお答えします。

Q.小規模病院への転職に不安を感じています…

これまで大学病院などの基幹病院で勤務してきました。40代になり体力的に難しくなることが予想されるため、小規模病院に転職を考えています。ただ、専門医の資格があると小規模病院ではすべて任されると耳にしました。1人ですべての業務を行なえるか不安です。専門医としてではなく、一般医として契約したほうが無難でしょうか?(40代/女性)

A.これからの自分のキャリアプランを重視すべきです

中小規模病院では、専門医として契約しても、それにこだわらず、全般的な診療にプラスして専門領域を診るというケースがよくあります。ほとんどと言っても過言ではありません。

医師として赴任する以上は、仕事の目的が多岐にわたります。専門領域にどれだけこだわった診療ができるかは個々の病院によって異なりますので、そのあたりは交渉で決定するといいでしょう。

重要なのは、これからどんな仕事をしたいのか、プライベートをどんなふうに過ごしていきたいのかを決めること。自分の中で優先順位をつけて、最初に交渉しておきましょう。または、セカンドキャリアという考え方にシフトチェンジしてみるのもひとつの方法です。

いずれにしても、1人で決めるのではなく信頼できる相談者を見つけることですんなりと答えが出せることもあります。互いに利害関係がなく、適度に距離感があり、客観的な意見を聞ける経験者がおすすめ

そういった点では、キャリアエージェントのような転職のプロに相談するのも良いかもしれませんね。適切なアドバイスや求人の提供、言いにくい条件交渉なども任せられるという大きなメリットがあります。

Q.小規模病院は大変って聞きましたが本当ですか?

腕を買われて、これまで勤務していた医局から小規模の民間病院に移ります。しかし、1人医長だと聞き、かなり心配です。(30代/男性)

A.結論から言うと、小規模病院も大病院も違った大変さがあります

小規模病院では、医局といった大きな組織と違い、1人の医師の影響力が大きいものです。自分の診断や言動など、すべてに患者の目が集中します。常に目立つ存在となることを認識しておくことが重要です。

また、これまでの常識を一度クリアにして、新しい職場での常識を学ぶ姿勢も大切にしてください。環境や意識が変われば、自分が行なう仕事の範囲も確実に広がります。柔軟性を持って臨むと「やりがいのある仕事」にできるかもしれません。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP