プラス麻酔 エムスリーキャリア
麻酔科専門エージェント

HPで求人をみる▼

医療総合型エージェント

HPで求人をみる▼

波風を立てずに医局を辞める方法は?

今まで勤めていた医局からの転職を考えた時、できれば穏便にことを運びたいと考えるのは至って普通です。こちらでは、スムーズな転職をするためのアドバイスをまとめています。

Q.波風を立てずに医局を辞めて転職したいけれど…

卒業後医局に勤めてきましたが、転職を考えています。ただ、医局はどこでも人手不足が深刻で、私が抜けるとさらに厳しくなることが予想され、なかなか踏み出すことができません。

だからといって、周りの先生方に迷惑をかけたくないです。当然ながらケンカ別れのようなことにもしたくありません。できることなら穏便に辞めたいと思っています。どうすれば円満退局にもっていけるでしょうか?(40代/男性)

A.局内の空気や情報収集、退局意思を伝えるタイミングが重要です

辞めたいと考えてはいても、周囲のことばかりを優先するとなかなか辞められないませんし、かといってだらだらと続けるのもモチベーションは下がる一方ですよね。もちろん、辞めますといってもスムーズにいかないのは想定内です。

しかし、転職を決意するのであれば、どこかで行動に移さなければいけません。医師として今後も働く以上は今の医局の医師ともどこかで関わることも予想されるため、できれば穏便に辞めるのが良策です。

転職の意思を伝えるにあたり、重要なのはそのタイミング。避けるべきは、人事異動が決まってから申し出ることです。人員不足の中で人事のやりくりをしているため、既に決定してからの転職申し出などは、最も悪印象を与えるタイミングと言えます。

少なくとも3ヶ月~6ヶ月前までには、医局長といった実務を直接担当している人に伝えるのがおすすめ

また、他にも退局を考えている人がいる場合は重ならないように局内の情報や空気を把握しておきましょう。転職を考え始めたならば、早い段階から医局長や他の医師たちとコミュニケーションを図り、転職の可能性について伝えておくと優位に動いてくれることがあります。

医局は独特の空間であり、上下関係など非常に複雑。スムーズな転職をするために、水面下で転職活動を行なうことも必要です。

こっそり転職活動をする自信がない方は、転職専門のエージェントに相談しながら希望条件に合った求人を探し交渉を進めるというのが、最も賢明なやり方と言えそうです。

Q.教授に転職を止められた時はどうすればいいでしょうか?

常々考えていた転職の意思を教授に伝えたところ、強く反対されました。先輩が退職した際にはスムーズだったため、かなり戸惑っています。強引に推し進めるべきでしょうか…?(30代/男性)

A.教授がなぜ引き留めるのかを見極めてみましょう

一般的なケースとしては、教授は部下のキャリアに応じて「まだ医局で学ぶことがあるのではないか」という心情から助言していることが多いようです。もちろん、医局の人事の観点から引き留めているケースも十分に考えられます。

そこで、まずは自分自身の評価を見直してみましょう。自分ではできると思っていたことが、周囲からは認められていないことも少なくありません。

先に退職された先輩と自分の立場を同等と考えず、自分のレベルを客観的に再考してみてはいかがでしょうか。そのうえで、医局からの転職を望むのであれば、何度も教授に訴えて理解を求めましょう。

医局を辞めた医師の事例

ここでは、麻酔科に限らず医局を辞め転職した事例を紹介しています。

1ヶ月ずつの非常勤を体験して就職先を決めた事例

39歳男性。呼吸器科を専門とする医師で、年収は1,300円ほど。医局派遣で公的病院の異動を繰り返していたものの、地域密着型の病院や診療所での勤務を希望し、自由裁量で新たな職場への転職を決意しました。

2つの気になる病院が見つかり、両病院で1ヶ月ずつ非常勤としての勤務を体験。地域医療でのやりがいを感じ、エージェントを通じて一方の病院への就職先を決めました。

現在は希望の病院で一般内科・呼吸器科を専門に診療。前職と同じ週5日勤務にして、年収は1500万円にアップしました。

外様扱いの医局から奥様の実家近くの病院へ転職

40歳男性。精神保健指定医、精神神経学会専門医の資格を持つ医師で、医局での年収は1600万円ほど。出身大学とは異なる大学病院で働いていたため、医局との関係には距離を感じていました。

外様としての立場から、自身のスキルを主体とした診療を行いたいと考え、転職を決意。エージェントを通じ、希望通り、奥様の実家近くの精神科への転職に成功しました。

当初は年収1800万円ほどを希望していたのですが、専門医資格を持つ自身を病院強くアピールし、年収2000万円での契約を実現。わずか1ヶ月半のスピード転職活動でした。

転職で年収800万円アップを実現

36歳男性。日本麻酔科学会専門医の資格を持ち、手術麻酔を専門とする医師として働いていましたが、医局の人材流出が激しいことから、やがて自身へのしわ寄せが来ると予測。なるべく早い段階で医局を出ることを決意しました。

転職先の条件としては、第一に大幅な年収アップ。医局では1200万円ほどでしたが、転職先には1800万円を希望しました。第二に、心臓手術麻酔のできる病院であること。麻酔科専門の中でも、特に心臓手術の腕を磨いていきたいと考えていました。

エージェントが紹介してくれた1800万円の病院と、先輩医師が紹介してくれた別の病院とで悩みましたが、前者の病院が2000万円に提示額を変更。800万円アップの条件で転職が決まりました。

独立開業の準備として医局からクリニックの分院長に

41歳男性。整形外科専門医として医局で外来、病棟管理、手術を担当していました。

医局勤務に不満があったわけではないのですが、将来的に独立開業を視野に入れていたため、年齢的に準備に取り掛かる段階と考え、医局退職を決意。経営ノウハウを学ぶため、エージェントを通じてクリニックに転じました。

転職後、独立開業のための準備として分院長を任された男性医師。独立が不安ならば分院をそのまま譲渡しても良いと提案され、医局時代から200万円アップの年収2000万円でクリニック運営のハウハウを学んでいます。

退職難航のすえ無事転職が完了

37歳女性。眼科専門医、PDT認定医。医局では週5.5日の眼科勤務に加え、眼科医でありながら外科当直が週2~3回。手術は週に1~2回ほどしかなく、スキルアップの機会も少なめ。激務にして年収660万円と、悪い条件の中で長く働いていました。

白内障手術のスキルを上げたいという理由と、外科当直のない勤務をしたいという理由で、医局からの転職を決意。上長にその旨を伝えたものの、なかなか教授に伝えてもらえずに転職は難航しました。

最終的にはエージェントの力添えで、教授と直接話し合える状況を設定。無事退局が決まり、週4日勤務で年収1260万円の眼科への転職に成功しました。

円満な退局と好条件での転職

33歳男性。医学博士、認定内科医、腎臓専門医等の資格を保有。腎臓内科・内科を専門に診療にあたる医局員で、年収は1200万円ほど。週5.5日勤務ですが、実質的に休みを取ることはできませんでした。

激務にして年収が希望通りではなかったことや、医局の派遣先で学べることがなかったことなどから、転職を決意。離職率の低い病院、年収1500万円、当直なしという条件でエージェントに相談しました。

ほどなく、エージェントを通じ1700万円という好条件での案件が。担当者のアドバイスに従って退局活動も行ない、週1回の外勤を条件に円満な転職が実現しました。

ニーズ別で選ぶ麻酔科医エージェント

  1. プラス麻酔

    引用元:プラス麻酔公式HP
    (url:http://plusmasui.com/)

    麻酔科特化型。他社にない国公立大学病院等の独自ルートを保持している為、キャリアパスも見据えた提案が可能。その満足度から生まれるリピート率が高いのも強み。

  2. m3.com CAREER

    引用元:m3.com CAREER公式HP
    (url:https://career.m3.com/)

    日本最大級の医療求人情報サイト。会員向けに麻酔科医だけでない様々な科目の非公開求人を保有、データベース化している為情報収集がしやすいのが特徴。

麻酔科医師向け転職エージェントの使い方

PAGE TOP