プラス麻酔 エムスリーキャリア
麻酔科専門エージェント

HPで求人をみる▼

医療総合型エージェント

HPで求人をみる▼

麻酔科医師向け専門転職エージェントの徹底比較サイト » 転職でよくあるQ&A » 麻酔科のスポット求人が得意な転職エージェントは?

麻酔科のスポット求人が得意な転職エージェントは?

ここでは、主に麻酔科医のスポット求人に関してまとめました。

麻酔科のスポット求人を探すために使うべき転職エージェント

なぜいま先生は、麻酔科医としてスポット求人をお探しなのでしょう?その理由は、「激務で疲弊した」「人間関係がうまくいかない」「病院から正当な評価を受けられない」など、現在の職場に何らかの不満があってのことに違いありません。ではなぜ、現在の職場に不満を持つに至ったのでしょう?その理由は、他でもない、入職する際に病院の情報が不足していたからです。

同じ轍を踏まないよう、麻酔科医としてスポット求人をお探しの先生、転職をお考えの先生は、あらかじめ病院の十分な情報を確保しておくべき。しかしながら、忙しい日々の中で、先生自身が十分な情報を収集することは困難でしょう。だからこそ、スポット求人を始め転職をお考えの麻酔科医のすべての先生は、麻酔科医の転職を専門とするエージェントを利用すべきなのです。

プラス麻酔

プラス麻酔_公式サイト画像
引用元:プラス麻酔(http://plusmasui.com/)

プラス麻酔の特徴

プラス麻酔は、麻酔科医の転職・入職を専門にサポートしている人材紹介会社。サイト代表の勝又健一氏は、株式会社リクルートにて採用支援業務を担当したのち、医療従事者の転職・入職を専門に手がけてきた、医療業界の転職・入職サポートのスペシャリストです。

プラス麻酔の求人について

サイト内では、常勤、非常勤、スポット、オンコール、いずれのタイプの求人にも対応。どのタイプの求人が得意という訳ではなく、どのタイプの求人でも「案件数が非常に多い」ということが同サイトの特徴です。案件数が多ければ、それぞれの麻酔科医の細やかな条件にマッチする案件も見つけやすいでしょう。

キャリアプランを提案してくれる

先生ご自身で求人を探すことももちろんできますが、ご自身では分からない案件の詳細については、キャリアが豊富なエージェントが手厚くサポート。先生からの細やかな条件・要望がある場合でも、エージェントが病院側と条件交渉するなどして、最適なマッチングを実現します。

結婚や育児、介護などのライフイベントを考慮したキャリアプランを提案している点もプラス麻酔の特徴の一つ。ブランクのある先生でも、安心して相談することができるでしょう。

プラス麻酔の実績

創業以来、麻酔科専属7年。麻酔科紹介実績は業界1位。独自のネットワークを構築したプラス麻酔を、新たな仕事を検討中の麻酔科医はもとより、麻酔科医として働くすべてのドクターが登録しておくべき筆頭のサイトとしてお勧めします。

麻酔科医局

MD麻酔科医局_公式サイト画像
引用元:麻酔科医局公式サイト(https://www.ikyoku.ne.jp/masuika/)

麻酔科医局の特徴

麻酔科医局は、前・東京警察病院形成外科部長が代表を務める、医療従事者のための人材紹介会社。そのサイト名からも分かる通り、麻酔科医のための就職・転職のサポートを専門に行っている人材紹介会社です。

麻酔科医局の求人について

常勤案件を始め、非常勤、スポット、オンコール、いずれのタイプの求人も取り扱っていますが、最も多いタイプはスポットです。2018年10月16日現在の求人情報の内訳は、常勤が83件、非常勤が36件、スポットが116件、オンコールが4件。スポットを希望するドクターには、心強いサイトと言えるでしょう。

麻酔科医にとって頼もしいシステム

麻酔科医局は、麻酔科医に仕事を紹介するだけのサイトではありません。仕事を検討している先生に対し、執刀医に関する情報や、具体的な手術内容、使用する機材や薬剤等の情報についても文書にて詳細に伝達。自信を持って取り組める仕事のみを、先生の意志によって自由に選択することが可能です。

報酬を含めた条件交渉等、各種の煩雑な作業はすべて麻酔科医局の担当コンサルタントが代行。時間を有効に使い、かつ効率的に仕事をしていきたい麻酔科医には、非常に頼もしいシステムでしょう。

週3日以上の規制でスポットでは働けなくなる?

2018年7月10日、日本麻酔科学会は学会員向けに「専門医機構認定 麻酔科専門医更新要件追加 単一施設週3日勤務について」という通知を出しました。麻酔科専門医として、もちろんご存知のことでしょう。制度の概要は、以下の通りです。

  • 専門医の資格を更新するには、単一の医療機関に週3日以上勤務し、麻酔科関連業務に専従していることが要件となる。
  • 「麻酔科関連業務」とは、具体的には、①周術期における麻酔管理、②疼痛管理、③集中資料部・救急施設などにおける重症患者の管理の3種類。臨床のみならず研究も含まれる。
  • 現状で要件を満たしていない専門医の存在を考慮し、2021年までの猶予期間を設ける。

参考:「日本専門医機構更新に関するQA」(PDFがダウンロードされます)

やや困ったと感じた専門医も、決して少なくないことでしょう。同学会の理事長によると「質の高い医療を提供するためには必須」とのことです。

制度が施行された後、専門医としてのポジションを放棄しても良いならば、麻酔科医としてスポット勤務を選択することも可能です。しかしながら、社会的信頼のある専門医としての資格を、給与等の都合で安易に放棄すべきではありません。

麻酔科専門医の資格をお持ちのドクターは、転職エージェント等、制度と給与面に詳しい第三者に相談してみることが望まれます。

麻酔科医師向け転職エージェントの使い方

PAGE TOP