上司や同僚医師との間に距離を感じたら…

上司や同僚の関係は悩みの種

麻酔科医が勤務する中で、上司や同僚医師との間に距離を感じて悩み、場合によっては転職を考えるケースもあります。上司との関係に悩む麻酔科医などの医師の多くは、日々のストレスから転職を考えることも少ないようです。上司や同僚とどんなトラブルがあるかを解説していきます。

  • 無視される、露骨に避けられる
  • パワハラをされている
  • 他の医師の手柄を横取りする

このようなケースでは、できるだけ早めに転職を考えてもいいレベルかもしれません。仕事をするうえで相性の問題はあるでしょうが、上司として、あるいは同僚として一緒に働けないと感じたら、モチベーションを維持することが容易ではないからです。 もちろん、自分の勘違いだったというケースもありますが、気持ちを切り替えるのは難しいと感じたら、転職も視野に入れておくべきでしょう。

関係が悪化する以前にやるべきこと

確かに、上司や同僚、先輩などの存在は時としてうっとうしいと感じることがあります。だからといって初めから壁を作ってしまうと、関係を構築することすらできず、互いの間に意思の疎通ができない状況を作り上げてしまうことにもなりかねません。

そこでおすすめしたいのは、自らコミュニケーションをとることです。例えば、診断や治療法について悩んでいるとき、自分から相談してみましょう。相手も「大丈夫かなぁ」「こうすればいいんじゃないか」といった気持ちで見ているかもしれません。自らの経験を通して悩んでいることの解決策を提示してくれることもあるでしょう。自分の経験が浅いのであれば、「教えていただけませんか?」と声をかけてみてください。よっぽどのことがない限り、頼られることを嬉しいと思うはずです。そして、相手の話を聞くときは必ず手を止めて目を見ながら聞くこと。実は同僚や上司が遠慮していることもあります。積極的にコミュニケーションをとることで、距離感の問題は思いの外容易に解決できることもあるのです。

全ての基本はあいさつから

まずは毎日あいさつをすることから始めましょう。話すのが苦手だという人でも、あいさつくらいはできるはず。あいさつは人と人とのコミュニケーションをはかるもっとも効果的な言葉です。上司や同僚との距離を縮めたいと考えているならば、毎日あいさつをすることを実践してみてください。その積み重ねから徐々に相手との壁がなくなり、次の会話へと繋がっていくはずです。

どうしても「上司・同僚と合わない」「正当に評価されていない」と感じたら、第三者の意見を伺ってみるのもおすすめです。麻酔科に精通し、麻酔科医師のニーズやキャリアにも明るい転職エージェントであれば、正当な評価に基づいたアドバイスをもらえる可能性が高いと言えるでしょう。一人で悩んだまま行動を起こす前に、相談をして気持ちの整理をしてはいかがでしょうか。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP