スタッフとすれ違いを感じたら…

スタッフとすれ違う現場の苦労

医療機関には、さまざまな人が働いているため人間関係で悩むケースも。医師同士の確執や人間関係だけでなく、よく聞かれるのが看護師などスタッフとのトラブルです。チーム医療を行うべき病院では、スタッフと医師とのすれ違いによる連携不足は大きな問題であり、診療に留まらず医師としてのキャリアやスキルアップにも影響することは間違いないでしょう。

看護師などスタッフとのトラブル

病院によっては、スタッフとの関係が非常に良好なところもあれば険悪なところもありさまざまです。例えば、

  • 若手医師がベテラン看護師の対応に悩む
  • 医師が看護師に対して高圧的に接する
  • 特定のスタッフとの関係や対応を誤解される
  • 恋愛関係に関するトラブル

問題の原因はさまざま。また、時にはスタッフとの間で「言った」「言わない」論争になることもあります。特にこういった場合では、具体的な診療に関わることもありますので慎重に対応すべきです。

そもそも自分の言葉を相手が同じように受け取るということは保証できません。受け取り方の違いでまったく違う意味で伝わってしまうことも。特に、「わかりました」という言葉は、自分の意図することとは違う意味として捉えられている可能性があるので気をつけましょう。重要なのは、コミュニケーションとることで意思の疎通を図ることです。

そこで次のようなことを提案します。

  • 思い込みを捨てる
  • 共通理解になっているか確認する
  • やったかどうかでなく、事実の確認をする
  • 相手をねぎらう言葉や感謝の言葉をかける
  • 自分から話しかけるよう心がける
  • スタッフの気持ちを考えて行動する

スタッフも人間ですので、感情があります。また、それぞれの考え方の違いもあるので、すれ違いが生じるのは当然のこと。すれ違いをいかに相手に歩み寄るかが人間関係を改善する最良の策といえます。お互いに尊重しあい協力し合う姿勢こそが、医療の現場に必要な姿といえるでしょう。

スタッフとのすれ違いがどうしても解決できず、「自分はこの病院に合わない」という考えに至ったら、第三者の意見を伺ってみるのもおすすめです。麻酔科に特化しているキャリアエージェントであれば、医師が抱える悩みにも精通しているので、解決策を提供できる可能性が高いでしょう。一人で悩んだまま行動を起こす前に、相談してみてはいかがでしょうか。

エージェント比較麻酔専門型と医療総合型のちがいとは

PAGE TOP